スライド1

オススメBooks: メデイアで話題 ”胎内記憶”

 

お母さんのおなかの中にいたときのことを覚えている子どもがいます

前から読みたいと思っていた、池川明先生の胎内記憶についての本。大人になってしまったワタシは、全く生まれた頃の記憶はないのですが、幼少の頃だと覚えている子は以外といるようです。

この本では、子どもたちが話してくれた、不思議な「胎内記憶」の世界についてまとめられています。子どもがおなかに入る前のこと、子どもがパパとママを選んで生まれてきたこと…。ページをめくるたび、驚きに満ちていて感動の連続でした。これらの言葉の一つひとつには大きな力があり、心が震えるメッセージがたくさんありました。これからママになる人だけでなく、いつかなりたい人にもオススメです。出産祝いにも最適。

 

ママのおなかをえらんできたよ。

<br

 

上記のような胎内記憶の本の中で、「僕ね、ママのお腹の中で、いつもお掃除してたんだよ。」や、「僕『お母さん、だいすき』って言うために生まれてきたんだんよ」などの話があり、その後仲の良い友人から出産の話を聞いて驚いた事があります。その友人は30代後半でしたが体力もある健康体で子供が大好きでした。あるとき健康診断で脳に小さな腫瘍が見つかり、妊娠すると成長する可能性があり、子供は難しいと医師に言われていました。ちょうど婚約中だった彼女は、当時もう結婚は無理かもとかなり思い悩んでいました。その現実を乗り越え、無事ゴールインし、1年過ぎた頃見事に妊娠。注意深く母体の経過観察をしながら、赤ちゃんの成長を見守りました。母子共に健康な状態で無事出産を終え、しばらくして脳の検査をしたところ驚くべきことが起きました。なんと、出産後、彼女を悩ませていた腫瘍が消えていたのです!

この本を読んで思ったのは、赤ちゃんはワタシたちに何かを伝えるため、幸せにするために生まれてきてくれる。ということでした。子供が授かるということは奇跡であり、その時に備えて自分の心とカラダをいつも整えておきたいと思いました。とても、素敵な本だと思います。

この他にも沢山あります。

リンクはコチラからどうぞ↓

http://www.30ans.com/sale/

池川クリニック院長 池川明

池川明先生 写真

東京出身。帝京大学医学部大学院卒。医学博士。上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、1989年横浜市に池川クリニックを開業。2001年全国保険団体連合医療研究集会で「胎内記憶」について発表、マスコミで広く紹介され、話題となる。現在は産婦人科医の傍ら、胎内記憶に基づく子育て観や人生観を全国で講演し、好評を博す。著書やCDも多数、好評発売中。

[池川明の胎内記憶] http://www.30ans.com/memory/

a0001_006361

赤ちゃんが生まれるまでの10ヵ月の奇跡

いつか、赤ちゃんを生みたいと思う女性のみなさんへ

受精から赤ちゃんへと育つまでの奇跡。これを見ると、いのちの誕生の素晴らしさ、尊さに感動します。
自分が子供が欲しいと思うようになってから、より身近になった妊娠への想い。生を受けて、この世に生まれてくることが、いかに奇跡的なことかが良く分かります。自分が生まれてきたこと、また存在そのものが奇跡なんだなと思わずにはいれません。生んでくれて育ててくれた両親に感謝ですね。

 

受精して、受精卵の性別が決まります(ちなみにこの写真は女の子)。

 

続きの記事はコチラから↓
http://whats.be/4129

そして、いつか奇跡が訪れる日に備えて、自分の心とカラダを健やかに保つことは、自分のためにも、未来の子供のためにも大事だなと思いました。

 

20070830

感性を刺激する、世界の面白広告

テレビや雑誌をはじめ、電車や街中の至るところで目にする企業広告。普段はあまり気にも留めないけど、予想外にクリエイティブで面白い広告に出会うと、なんだか嬉しくなったりする。技あり広告や、秀逸な広告作品を見つけるとつい、メッセージは何?誰向け?どんなアイデアなんだろうと分析してしまうんですよね〜。でも、そうすることで、制作側の意図などが感じ取れ、広告の裏にあるアイデイアやその奥深さが分かって面白いんです。:)

そこで、つい目を奪われてしまう「技あり広告」をピックアップしました。アイデア溢れるビジュアルやコピーに思わずにやりとしてしまうはず。:)

歯の保険広告

14

歯の保険。歯抜けになったら、嫌だよね、困るよね。と想起させる面白広告。これじゃ、ストライクを出しても、手放しで喜べないよね。。。

1

歯のケアをしましょう。を伝えるビジュアル。白い歯ってまぶしいね。笑

紅茶ブランド広告

2紅茶ブランドの広告。巨大テイーカップの植木鉢。紅茶タイムを思い出してもらいたいのね。

情報システム製品・サービス広告

5
6
7一枚のポスター風だけど、実は実益もかねている。まさに広告と実用を兼ね備えていてスマートですね。

窓ふきスプレー広告

8窓ふき用スプレー。ひとふきで、くもっていたガラスもこんなに透明に。

ビールブランド広告

9電車のつり革でなく、ポールにビール缶がくっついてる?! 3人集まればビールで乾杯してる風に。

植木屋広告

10

植木屋の広告。伸びすぎた枝葉を、伸び過ぎてぼーぼーの髪に見立てて、そろそろ剪定する(形整える)?と訴えかけている。

交通安全 啓蒙広告

12ビールを飲む前と飲んだ後、瓶ビールのフタを開けると、車の絵の入ったフタはぐしゃっとクラッシュしてしまう、裏には”飲んだら乗るな”の文字が。結講、ドキッとするアイディアですね。

犬のノミとりブランド広告

34

犬のノミトリ広告。通行人がいて初めて成立する秀逸な作品。

”愛犬から彼らを取りのぞいて”のコピーに、

人が多ければ多いほど、犬は痒そうに見えてくるから不思議。

ウオーターパーク広告

38ビルを使うことで、ウオーターパークの迫力と高さが伝わってくる。ダイナミックな屋外広告。

こんな風に、広告を見る目を変えると、今よりもっと沢山のクリエイティブを見つけるだろうし、街中を歩くことが楽しくなりますね♪

 

『温活美人』は、仕事・家事・育児に忙しく働く女性たちを応援し、心とカラダをぽっかぽかに温めることで、健康で美しく毎日をイキイキと過ごすヒントを紹介するサイトです。