photo

日常を彩る、アートなグラス♫

先日、アメリカ留学時代に知り合った、グラスアーティスト『伊東太一』さんのグラスアート展に行ってきました。
実家の山口にある工房で、一つひとつ丁寧に作られるグラス達は、彼の感性が色濃く出た素晴らしい作品ばかりで、眺めているだけで幸せな気分に❤そのグラス達を眺めがら、30分くらいはお酒を飲めそうなほど、見ていて飽きのこない素敵な作品ばかりでした。グラスが素敵だと、いつもの飲み物もより美味しく感じられますよね♫

私がまずココロ打たれたのはこちら。

カラフルなベネチアングラス

photo

カラフルな色合いが特徴のベネチアングラス。ビタミンカラーからシックな色あいのものまで、種類は豊富。
微妙な色合いの違い、光の入り方、シルエットなどから、一つひとつ少しづつ違っていて、同じ物はない。
組合わせによっても、表情が変わるので選ぶには直感が必要かも。私と友達は、選ぶのに30分以上かかってしまいました。笑

作家の太一くん曰く、

”俺も、気分が乗ってないと、こういう元気がでるビタミンカラーの作品は作れんけえ”、”こんなに色が揃ってるんは珍しいんよ。”

とのこと。また、作る工程もスゴイ!
まず、一度溶かしたグラスは冷えて固まると、また溶かすのがとても大変なので、制作期間中は、かまどの火は24時間消えないそう。色とりどりのガラスを溶かして金属棒の先につけ、1250度の炉に入れたり出したり。手を休めることなく棒をくるくる回転させ、息を吹き込んでグラスをつくっていく。とても気の遠くなる作業の繰り返し。そんな手技がたくさん詰まってるから、こんな繊細でアートな作品ができるんだなと納得。

レース模様のベネチアングラス

こちらも、本当に素敵な作品で、次はこのグラスが欲しいな〜と思ってます。この繊細なラインに目がくぎづけです。:)

写真 4

また、太一くんは5人家族ですが、なんと生粋の芸術家一家で、父は木工、母は染織、長女は服飾デザイン、妹は焼き菓子・ケーキなどを作り、そして太一くんはベネチアングラスを造り、みんなでアートギャラリーカフェ『自由創作いとう』を営んでいるそう。なんて素敵なご家族!! 山口県に遊びに行くときには、絶対に立寄たいカフェです!

写真
『自由創作いとう』 〒747-0231 山口県山口市徳地堀4115 TEL&FAX 0835-53-1060

『線彩』伊東太一 グラスアート展             恵比寿ガーデンブレイス 三越1F クロスイーにて     2014年6月10日まで開催中


日常をほんの少し楽しくしてくれる雑貨達。”コレ好き”と思えるものや”見るだけで気分が上がる”モノって、本当に出会いだなと今回感じました。いつも自分の感性を磨いて、これからも素敵なモノたちとの出会いを大切にしていきたいと思います。