鮨

美味しいものを食べてキレイに!〜築地篇〜

築地のうまい鮨 x キレイ

今回は、美味しいものを食べてキレイになる !〜築地編〜をテーマに綴ってみました。築地といえば、日本中から新鮮な魚介や水産物が集まってくる世界最大の魚市場。平日でも朝から観光客で賑わい、昼時には近くで働くサラリーマン達が集う、HOTなスポット。

1297678520_2

細い路地に一歩足を踏み入れると、威勢の良いかけ声が聞こえてくる、魚屋のお兄さん達との掛け合いも楽しく、新鮮なカニやマグロなど、試食だけでもいいいからと、どんどん美味しそうなものを差し出してくれるから、何だか楽しくなってくるスマイル 美味しいものを食べると、それだけで幸せな気分になれるし、ユーモア溢れるお店の人達との交流につい笑顔になってルンルンに音譜

築地

例えば、カツオ節ひとつとっても、こんな具合。

店の人A:『カツオ節どうだい?』『すぐそこの工場で削ったカツオ節だよ。』

店の人B: 『朝から、この人の子供が削ってんだよ、削るの上手なんだよー、買ってくれないと息子クビになっちゃうよー。笑』

私達:『えーそうなん?!  笑 今ここで削ってくれるものはないん?』『カツオだけじゃなくて、アジとか他の魚をミックスしたいんやけど。』

店の人A:『うーん、そうかあ、それだと無理かなあ。。。』などなど。とにかくみんなとってもおしゃべり好きで、親切!

こんな感じで、試食の食べ歩きをしながら、ようやく本命の鮨を食べに。せっかくなので築地の市場らしさを味わいたいと思い、場内の魚河岸横丁エリアへ。元々場内飲食店は、築地市場で働く人々 そして、買出しに来る人々の食堂エリアで、魚以外のトンカツや洋食屋も軒を連ねる。メデイアの紹介などで評判が広まり今では行列が後を絶えない人気の寿司店が集まるエリアに。このあたりは、安くて旨い寿司が食べれるということで、外国からの観光客も多く、食べるまでかなり並ぶので覚悟が必要。

イメージ 23
魚河岸横丁 人気店 仲屋・大江戸・弁富
魚河岸横丁 人気店 寿司大
魚河岸横丁 人気店
寿司大

今回お邪魔したのは、横丁内の『市場すし』。カウンターのみの小さなお店ですが、こ綺麗な店内で職人の技が光るお鮨を堪能できます。新鮮で彩り豊かなネタとシャリのハーモニーが最高。とっても美味しかったです。食べれないネタがあっても、大将が心よく変更してくれるので、安心。少しゆっくり食べたい方にはこちらの方がおすすめ。

イメージ 28
場内にある魚河岸横丁     8号館にある『市場すし』

魚がし横丁へのアクセスはコチラ↓

http://www.tsukijigourmet.or.jp/list.htm

http://www.tsukijigourmet.or.jp/access.htm

合格お得情報合格=====================

朝が早い築地では、お昼のピークが過ぎると、午後2時くらいから店閉まいする所もちらほら。店閉まいが早い店は、商品を売り切るため値下げが始まります。例:新鮮なマグロの刺身用さく(大盛りマグロ丼にして、大人4人〜5人分)が半額くらいで買えます。3000⇒1500円など。お腹い〜っぱい美味しいマグロを食べれますよ

  ===========================

美味しいお鮨は女性の味方

そして、最近美容と健康のため、食べ物から『酵素』や『オメガ3』を摂ることにハマってるワタシ。食べ物に含まれる酵素は加熱すると死んでしまいますが、生で食べると効率的に摂取できるんですよね(酵素の記事:http://onkatsu.net/category/beauty

特にお魚ドキドキそこで、お鮨が好きな人?(ハーイ)に朗報です。

青魚の鰺・秋刀魚・サバや鰯やマグロなどには、EPA、DHAなどのオメガ3系の油が多く含まれています。つまり、新鮮な生魚をたっぷり使うお鮨は『酵素』と『オメガ3』、さらには『良質なタンパク質』を多く摂れる超優秀な食事ということですね!美味しいお鮨は女性の味方ですね。

オメガ3を含む油には、炎症を防ぐ働きがあり、ホルモンを整えるのに役立ちます。悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる。お肌のバリア機能を高める。脂肪燃焼効果がある。酸化しやすいので生で摂る。などの特徴があります。

オメガ3を多く含む油の代表としては、亜麻仁油、シソ油、エゴマ油、グリーンナッツオイルなどがあります。実は、よい油こそが女性ホルモンの質を高め、女性ホルモンの急激な減少を食い止めるパワーの源だそうです。

毎日食べるもので、私達のカラダはできています。どうせ食べるなら、美味しく楽しくカラダに良いものを摂りたいですよね。これからも、美と健康に必要な『酵素』や『オメガ3』などを、毎日の食事から無理なく美味しくいただいて、未来の自分のためにキレイ貯金を続けたいと思います。

参考URL: http://www.skincare-univ.com/daily/column/001308/