スライド1

心にジンとくる。ピンクのチュチュとおじさんと絶景。

愛する人が、大切な人が、病気になってしまったら。

その人の顔から笑顔が消えてしまったら、あなたならどうしますか。

アメリカ在住のフォトグラファー ボブ・カーリーさんは、裸にピンクのチュチュを身にまとい、今日もセルフポートレイトを撮っている。そのきっかけは悲しい出来事でした。彼の妻リンダさんが、突然乳がんの告知を受けたのです。

愛する妻の顔からは次第に笑顔が減り、ボブは辛い治療に耐える彼女を元気づけようと、裸にピンクのチュチュというスタイルで写真を撮り始めたのです。全ては彼女を笑わすために始めたことでした。

ある日、妻が治療を受けているあいだ、ボブは自分の作品をほかの患者に見せたところ、みんなに大ウケ!そこで、これらの作品をネットで公開しました。するとすぐに世界中から大反響の声が。「笑うことで少しのあいだだけでも辛いことを忘れられるんだ」。自分の使命を感じたボブは、乳がん患者と家族を支援する「THE TUTU PROJECT」を立ち上げたのです。

撮影は、街中で、自然の中で、絶景と言われる景色の中で、時には雪が舞うなかで……日常的な風景のなかで、ピンクのチュチュを着たおじさんが何気ないポーズを決める。その作風は、中年太りのおじさんが可愛いチュチュを身につけ、何とも不格好なポーズをとるだけなんだけど、背景の美しい風景と溶け合って絶妙な作品に仕上がっており芸術性も高い。

愛する妻を守りたい、元気づけたいという想いがにじみ出ていて、妻を笑顔にするためなら何だってする。そんな想いがこのポートレイトには表れていて、愛おしさすら感じるほど。

「皮肉なことだが、妻のがんの告知をきっけに人生の尊さを知った。辛い状況を笑い飛ばす。友人や家族とその笑いを共有する。妻のために自分ができるベストなこと、いや、唯一できることが面白い写真を撮って笑わせることだったんだ」とボブは言う。

「チュチュを着てダンスする主人を見るとつい笑ってしまうの。そしてポジティブな自分でいさせてくれる。笑えば笑うほど、調子も良くなるのよ、女は男が自分の傍にいてくれて、守ってくれていると思うと嬉しいし心強くなるの、とても感謝しているのよ」とリンダさんは語っている。

ボブのピンクのチュチュ姿を集めた写真集「BALLETRINA」や2014年版のカレンダー、ポストカードなども発売されていて、売り上げの一部は乳がん告知を受けた患者、治癒した患者、および家族のサポートのため寄付されます。

愛する人の笑顔のために、そして世界中のがんと闘う人々のために、おじさんは今日もどこかでピンクのチュチュを着て作品を作り続けているのです。『みんなが写真を共有し、この素敵なお話をシェアすることなくして、このプロジェクトが広がることはなかったわ。』と関係者は語る。

もしも、あなたが、この話に共感しシェアしたいと思ったら是非、シェアしてくださいね。

http://youtu.be/FF_m6HBPufA

 

THE TUTU PROJECT

 

Bloomingdales 1

Rainbow Bob Carey The Tutu Project Photography

Fallen TreeThe Tutu Project Fallen Tree Bob Carey Photography

Jump

Goose

Snow in Brooklyn New York

Parking Lot

Roller Coaster

 

今、健康であること、恵まれた毎日であることに感謝。今を生きることの大切さを考えさせらる作品でした。