【動画】60歳からの挑戦。私の人生を変えた「スケートボード」 | 旅ラボ|世界とつながる総合情報マガジン

ココロで感じて、行動を起こすということ〜60歳のスケートボーダー〜

 

60歳からの挑戦〜Neal Ungerさん〜

スケートボードは若者がやるカッコいいスポーツ。そんなこと、誰が決めたんだろう?Neal Ungerさんは、60歳からスケートボードプレイヤーになった。映像では、スケートボードを通して知りたいこと、続ける理由が語られています。映像の中で夢中で滑る彼の姿に、時々ふっと彼が少年に戻ったような錯覚をするほど素敵な動画です。

”スケートボードを通して知りたいことは。。。”

skateboard.02

”心の中に静けさを追求し続けること。そしてそれ自体の素晴らしさを知ること”

”知って欲しいのは不可能はないということなんだ。”

彼の発する言葉の一つひとつに力があり、とてもインスパイアされます。

何かを始めるタイミングなんて関係ない。最高にワクワクできるものを見つけた時、新しい自分や人生に出会える。そしてよりクリエイティブにイキイキと生きることの素晴らしさを味わうことができる。自分のココロの声に耳を傾ける、感情に素直になる。そうすると、”ココロで感じて行動を起こすこと”は、以外と難しいことではないのかも。考える前にやってみる。やってみて違うと思えば辞めればいいし、コレだ!と思うならどんどん前に進んでいけばいい。自分の中のわくわくを大切にすること、毎日を楽しむことは、その積み重ねである人生を楽しむこと。

毎日を、人生を、最高に楽しもう。